スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少人数(3人)でArch Omega!(Aオメガ)

2013.04.14 00:55|エンドコンテンツ系
最近、フレンドの方のAオメガの心臓を取るために、Aオメガさんに何度も会いに行っていました。

Aオメガの心臓

8回目くらいにしてようやく心臓が出ました♪
よかったよかった(*´д`*)おめでとぅぅ。
わたしは1回で心臓取れちゃったのでわかりませんでしたが、ハマるとなかなか辛いものですね~。
全然でなくて、今日は出るかも今日は出るかも今日は出るかもって言ってましたね。。。;;

で、今回のお話ですが…
折角なので、Aオメガさんと少人数で戦う方法なんかを書いてみたいと思います_〆(゚▽゚*)



Aオメガさんもかわいそうなことに、3人という少人数でも問題なく倒せちゃう世の中になりました。
と言いましても、以前から3人くらいの少人数で倒したっていう報告はちらほらとありました。
が、アドゥリン発売後のバージョンアップでトワイライトサイズがエンチャント化してしまいましたし、
オーラも調整されたので、今も少人数で倒せるの?とか疑問に思いそうですが、問題無しっ!ヽ(´∀`)ノ

まず最初に編成についてですが、暗/戦 学/赤 詩/白(わたし)の3人といった感じでやっていました。
前衛に関しては、ある程度の装備は要求されますが、暗黒騎士以外でも戦えると思います。
戦士、竜騎士、侍、モンクなんかでも大丈夫そうな感じがします。

ちなみに、暗黒騎士はラビットパイを、学者と詩人はタブナジア風タコスを食べておりました。
今だと、防御力を上げるだけ上げればそれだけ被ダメージが目に見えて下がりますし、
サポ侍ではなくてサポ戦ですので、防御を上げるのは結構大事。(後衛もタゲ取ることあるので、お守りでw)
あと、サポ戦の理由は、サポ侍だと序盤の4足モードのときのタゲが安定しないからです。

そして、戦う上で大事なのが、物理ダメージカット装備があったほうがいいと感じました。
わたしのときは3人全員がカット装備持ちだったのですが、有ると無いでは難易度が結構違うと思います。

戦闘のほうは、エレジーとスロウを切らさず、リジェネ5とファランクスを常時かけておきます。
これだけで通常時にはケアルがいらないくらいになるので、回復面は非常に楽です(*´д`*)
(パライズはなかなか入らないようなので、入ったらラッキーくらいな感じでしょうか)
Aオメガの攻撃は大したこと無く、防御力700近くの状態なら、大体が3桁以下に収まるハズです。
ここで物理カット装備やファランクスがあれば、50ダメージ前後くらいまで減ると思います。

歌のほうは、4足のときはマチマチを歌い、2足で立った後はメヌマチを歌ってました
3曲以上歌えるほうが当然良いのですが、2曲だけでも十分です。
ちなみに、ソウルボイスは開幕から使いました。オーラは、2足モードになった後です。

次に、Aオメガと戦う際、序盤の4足モードをどう乗り越えるかについてですがー
まず、前衛が暗黒騎士ならトワ鎌が最初だけ使えますが、それ以降は通常攻撃に頼ることになります。
90%カットされると言っても全くダメージが通らないわけではないので、少しならダメージ元になりますよ!
と言っても、雀の涙のようなものですが…;;

ここで大事なのが、学者は黒グリ&黒の補遺を使い、精霊魔法を使ってガンガン削る役になること。
タゲが移ることは滅多にありませんでしたが、一応、敵対心-装備があると気休めになるかも。
学者の精霊魔法が序盤の削りの肝となるので、コンバートも併用し、どんどん撃っていくといいと思います。
あと、暗黒騎士には悪事千里の策をかけ、学者自信は暗中飛躍の策をかけると更に安定するはず。
(悪事千里の策の効果は敵対心+20で、暗中飛躍の策は敵対心-10の効果)

万が一タゲが動いてしまっても、挑発ですぐに取り戻せると思います。
あと、ヘイトリセットのパイルピッチが嫌らしいので、叩くときは後方から叩くのが賢明です(´∀`)
後方からだとリアレーザーが飛んできますが、そっちのほうがマシであります。
リアレーザーは石化技ですが、学者は黒グリ中だと思うので、詩人がストナをかけてあげましょう。
追記ですが、フィナーレ連打とイレース連打も忘れずに(´Д`;)ヾ

で、2足モードに移行し、Aオメガが立ったらor立ちそうなタイミングくらいでオーラを使います(*´д`*)

Aオメガ 少人数

連環計中は全員近づいてることが多いので、強化中は後ろを向くなりしてあげるといいと思います。
叩いていると特殊技が連続で飛んでくるので、詠唱中断されたりであたふた状態に…(;´д`;)

それで立った後の特殊技の中で特に気をつけたいのが、ヘイトリセットのコロッサルブローでしょうか。
タメがあるので避けることは可能ですが、状況次第では避けられないことも結構あります。
(直前に使ってきたハイパーパルスのへヴィ中など)

当然、コロッサルブローを受けてしまうとタゲがこっち(大抵は学者)に移るわけなのですが、
わたしがやっていたときは、挑発一回ですぐにはがれることが多かったです。
Aオメガの通常攻撃自体は前記の通りとても弱いので、普通に耐えられます。心配は殆どいりませんネ!

あと、コロッサルブローですが、避けられるものなら避けたほうがいいとは思います。
が、避けようと思ってあまり頻繁に動き回ると、後衛の位置取りがシビアなので、少しムっとされるかも;
ちなみに、Aオメガと戦う際の立ち位置としては、大体SSのような感じがいいんじゃないかと思います。
SSのタル子ちゃんは、ちょーとAオメガのほうに近すぎる気がするけど;;

とりあえず、この立ち位置なら、コロッサルブローで飛ばされてもすぐにケアルできますし、
盾が移動したせいで学者が麻痺や静寂を貰っても、詩人が治してあげられますからね~。
(Aオメガと盾の斜めに学者がいて、それを挟むように詩人が立つ感じでしょうか)

最後にポッドの処理についてですが、沸いたら詩人がエレジーで釣る(早すぎるとはじかれるので、1テンポ置く)
そのまま奥に向かってマラソンします。すると、ポッドの自爆を不発にすることができます。
このとき注意なのが、あまりポッドとの距離を離し過ぎないことでしょうか。
ポッドとある程度の距離を開けすぎると自爆を使ってこないので、少し距離を詰めることが大事でした。

Aオメガ ポッド

分かりにくいですが、これくらいの距離で不発にできます。
失敗するともれなく即死&良くて瀕死になっちゃいますけども…(;ノ∀`)
ちなみに、自爆と言ってもただの物理技なので、シェルなどで軽減するのは不可能です。一応。

あと、このポッドですが、最大で3回沸くのを確認しました。
いつも大体同じ時間で沸いている気がしたので、恐らくは戦闘時間が関係しているのかも。
最初の内は慣れていなかったので、Aオメガを倒すのに25分はかかっていましたが、そのときは3回。
慣れてきて20分以内に倒せるようになってきたときは、いつも2回しか沸きませんでした。

Aオメガ 没

いろいろ新装備が出ていますが、まだまだエニフコラッツァは良い装備でありますし、
トリガーを取るためのアポリオンCS-IIも、3人いれば普通にクリアできる難易度です。
慣れるまでは大変かもですが、まだ持ってない人は是非挑戦してみてくださいなぁー!

テーマ:FINALFANTASY XI
ジャンル:オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

このブログについて

すの

書いてる人→すの
住所→カーバンクル鯖
(2006/4/24~)

前の住所→ハイドラ鯖
(2005/12/10~2006/4/3)

好きなジョブは赤魔道士と竜騎士。
ソロ好きなので、若干ソロ多めです!
最近はゆっくりプレイ気味~( ・ω・)

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

リンク

RSS

コミュニティサイトツール

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。